おたからやフランチャイズ被害者の概要からフランチャイズ加盟のメリットまでを幅広くご紹介!

買取専門店として有名なおたからやは、随時フランチャイズ加盟店を募集しています。ところが、実際に加盟したオーナーで作る「おたからやフランチャイズ被害者の会」というものがあり、その実態が気になり検索する方も多くいるようです。

被害者の会と言うと、非常に物々しい印象を受け「信頼できる会社なのだろうか」と不安を感じます。しかしその会の言う通り、おたからやに加盟すると必ずトラブルに巻き込まれるのでしょうか?ネットで話題になった被害者の会について、調査した結果を紹介します。

また被害者の会の実状以外にも、おたからやフランチャイズのメリットや、トラブルに巻き込まれないために知っておきたい注意点を解説します。

おたからやフランチャイズ被害者の会とはどのような会なのか

「おたからやフランチャイズ被害者の会」は、実際に加盟して不利益を被ったオーナーで結成された組織です。

おたからやの加盟者向けページを確認すると、オーナーが魅力的なものに感じます。実際に加盟したオーナーの中には順調に店舗経営する方もいらっしゃいます。しかし当初イメージしていた通りの経営ができず、だんだんと経営が思わしくなくなり、撤退・閉店という事態も多発しているのが現状です。

撤退の原因は様々ですが、中には「閉店の原因はおたからや側の態度に問題があった」とするオーナーもいます。そこでオーナー側は「善処してほしい」と訴えたのですが、何一つ改善されなかったといいます。

そうしたいざこざが大きなトラブルとなり、裁判沙汰になっているケースもあります。そして実際に裁判まで行ったオーナーの声を集めたのが、おたからやフランチャイズ被害者の会です。

被害者の会はおたからやフランチャイズの被害者の意見を集約しながら、これ以上被害を拡大させないことを目的に活動しています。

なぜおたからやのフランチャイズ被害者の会ができたのか

おたからやの被害者の会ができるまでには、これから紹介する3つのトラブルがありました。いずれも契約時の話と実状のギャップから生じたトラブルです。

フランチャイズ契約内容に不満がある方がいるため

フランチャイズ契約では、本部が加盟店に対して商標を使うことを認め、加盟店は商標利用のメリットを受けられます。その対価として、加盟店はロイヤリティを支払うという契約内容になっています。それぞれが利益を受けられる、持ちつ持たれつの関係になっているのです。

ところが、中には契約内容に不満を持つ加盟店のオーナーもいます。契約時には売り上げや利益の予想、指導方法などのうまい話があります。しかし実際には違っていたというケースがよくあるトラブルの例です。

また、契約内容に本部に有利な条件が含まれていたというケースもあります。これらが不満の原因になり、おたからやフランチャイズ被害者の会へ訴えるオーナーがいるのです。

経営難に直面するケースのオーナーが複数いたため

おたからやのホームページを見ると、フランチャイズ募集において「低コストなのに高収益」と表示されています。それが事実なら、かなり儲かるということになるでしょう。実際に大きく儲けている加盟店もあります。

ところが、開店後数か月の間儲けることができず、経営難に直面しているお店も複数あるとのこと。経営が悪化すると閉店・倒産となってしまうケースもあります。これでは話が違うとオーナーが思うのも当然です。

儲かると聞いたから始めたのに、実際は火の車だったというのでは納得もいかないでしょう。そのために、おたからやフランチャイズ被害者の会に相談しようとする方がいるのです。

本部からも一方的な指示変更への不満

おたからや本部と加盟店のオーナーは平等の関係になっているはずですが、実際にはそうでないという声もあります。

被害者の会によると、本部がオーナーを一人ずつ呼び出しては、恫喝まがいの指示をするというのです。オーナーの意見も聞かないとのこと。

そのうえで、一方的な指示変更、契約内容の変更を求められることがあるとも言います。これが事実なら、オーナーの不満も非常に高まるでしょう。ロイヤリティを支払っているのに、どうしてここまで威圧的に対応されるのかと感じても無理はありません。

このように本部側の対応に嫌気がさし、おたからやフランチャイズ被害者の会へ相談というパターンもあります。

株式会社いーふらんについて解説!

おたからやの運営元は株式会社いーふらん。設立は2000年3月で、現在は以下のような事業を展開中です。

  • 高級宝飾事業
  • ヘルスケア事業
  • ゴルフ事業
  • 不動産事業
  • フランチャイズ事業
  • 買取事業
  • 販売事業
  • オークション事業
  • 水素吸入事業

この中におたからやの運営、フランチャイズ展開が含まれます。おたからやについてはフランチャイズ被害者の会の設立など悪い情報もあります。しかし、株式会社いーふらんのホームページを見ると、企業理念も掲載されており、事業内容も充実しています。

悪い口コミやまともに経営状態を確認できない企業であれば、被害者の会が結成されていてもおかしくありません。しかし株式会社いーふらんの場合、経営状態はしっかりしているため一概に「悪い会社」とは判断できません。

関連リンク:おたからやの店舗展開を解説!買取品目や持ち込むメリットも紹介

おたからやフランチャイズ(FC)に加盟するメリットとは?

おたからやフランチャイズに加盟することについては、悪い評判もありますが、メリットが全くないということではありません。当項目ではメリットがあるのか、詳細をチェックしてみましょう。

いーふらんが広告に力を入れている

株式会社いーふらんでは、おたからやの広告に力を入れています。次のような手段を使って、おたからやの知名度の向上、集客力アップを目指しているのです。

  • 新聞折込チラシ:買取専門20年間のノウハウを活かしている
  • TVメディア取材:信頼されている会社なので、多数のテレビ取材がある
  • WEB広告:圧倒的な量のWEB広告を出稿

おたからやの公告のイメージキャラクターは、有名タレントのコロッケさんです。チラシ、ポスター、CM、動画にも登場し、その知名度の広さを利用して、おたからやの集客力アップに貢献しています。

これだけの広告体制が敷かれていれば、加盟店も周知されるようになり、人々の目にも止まりやすくなるでしょう。知名度が上がれば顧客を獲得できる確率も高まるため、経営向上を目指せます。

高収益を得るために大きなコストが必要ない

一般的なフランチャイズ加盟には、店舗設営や人員配置といろいろな費用がかかります。そのため「初期投資が辛いな」と感じ、フランチャイズ加盟をためらう方も多数います。

ところがおたからやのフランチャイズ加盟店は、わずか2坪の土地と1人の人材でお店の運営ができます。スペースも最小限で済み、店員を雇う必要もなし。机1つを前にして、オーナーが運営をすればいいだけです。

かつ高収益を上げられる可能性がありますから、おたからやフランチャイズに加盟するメリットは大きいでしょう。

在庫リスクがない分ハードルが低い

従来の買取の流れを見てみましょう。

  1. お客様の商品を査定
  2. 買取する
  3. 販売する
  4. 利益を得る

通常の買取店ではこのような流れになりますが、途中で販売がうまくいかず、在庫が増えると悲惨なことになります。

一方、おたからやの買取の流れは以下の通りです。

  1. 査定(スマホで本部が査定)する
  2. 買取する
  3. 利益を得る

おたからやの場合、オーナーが販売をする必要がなく、商品は本部が相場より高く買取ってくれます。商品は本部に発送して、即現金化できるということです。

つまり、在庫が生じるということがなく、在庫リスクの不安で悩まされることがなくなります。その分、開店へのハードルも低くなります。

オーナーさんの口コミ

実際にオーナーを経験された方の口コミを以下に紹介します。

実際におたからやフランチャイズに加盟した人は、どのように思っているのか、チェックしてみましょう。

10年程つけ麺店を経営していたが、小麦アレルギーを発症してしまい、 次のステップとして『おたからや』をスタート。オープン2ヶ月で粗利500万円を達成した男性の声です。

「未経験の業種なので最初は悩みましたが、本部の方と何度も面談を重ねるうちに、 安心してチャレンジできる本部のサポートと、『おたからや』の儲かるビジネスモデルが 理解できたので加盟することに決めました。」

引用元:https://franchise.otakaraya.net/zenkoku02/?utm_source=gaw&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&gclid=CjwKCAjwloCSBhAeEiwA3hVo_bxahAcY1Q1hvzMjOmyja8Iv_RAJceG2WQMsrN9gjp_caiVInajMqxoCjrAQAvD_BwE

何か仕事を探していた時に買取業に興味を持ち、『おたからや』をスタートした女性オーナー。 以前、宝飾店に勤務していたこともあり、貴金属や宝石を扱うことに 抵抗がなかったということが興味を持った理由だそう。

「宝飾の販売経験はありましたが、真贋や査定となると未経験なので、 不安はありましたが、本部のサポートがあるので全く問題なかったです。

また『おたからや』は全国に出店している直営店・フランチャイズ加盟店数No.1で、 圧倒的な知名度があり、競合他社と比べられた時はとても強いです。」

引用元:https://franchise.otakaraya.net/zenkoku02/?utm_source=gaw&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&gclid=CjwKCAjwloCSBhAeEiwA3hVo_bxahAcY1Q1hvzMjOmyja8Iv_RAJceG2WQMsrN9gjp_caiVInajMqxoCjrAQAvD_BwE

仏具の売上が年々右肩下がりの中、新しいビジネスモデルとして 『おたからや』をスタートした男性オーナーは、いくつか買取業のFCを調べ、貴金属以外でも古銭や切手、骨董など多くの商品の取扱いが可能なことにインパクトを感じ、おたからやフランチャイズへの加盟を決意。

「起業や独立を考えている方はもちろん、現状のビジネスに閉塞感をもたれている方、 新しい収益の柱を探されている方は、私のように兼業でもスタートできますので、 一度お話しを聞いてみてはいかがでしょうか。」

引用元:https://franchise.otakaraya.net/zenkoku02/?utm_source=gaw&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&gclid=CjwKCAjwloCSBhAeEiwA3hVo_bxahAcY1Q1hvzMjOmyja8Iv_RAJceG2WQMsrN9gjp_caiVInajMqxoCjrAQAvD_BwE

口コミからは、多くのオーナーがおたからや独自のサポート体制を活用しながら、積極的に展開をしていった様子が確認できます。

株式会社いーふらん事件とはどんな事件か

おたからやとフランチャイズ加盟をしていた元オーナーとの間で裁判になる事件がありました。株式会社いーふらん事件という事件です。

事件の概要としては、フランチャイズ加盟をしていたお店が、契約解除後にも中古品の買取事業(競業事業)を行っていたため、おたからや本部が約2,300万円の違約金の支払いを請求。これに対して元オーナー側が抗議し、違約金の支払い義務の有無について争ったという内容です。

おたからや本部は、「フランチャイズ契約書に、契約終了後に競業行為をした場合は、ロイヤリティなどの36か月分の違約金を支払うことと定められている」と主張しました。一方、元オーナー側は「競業避止は営業の自由を侵害し、無効である」と抗弁。違約金の支払いを拒否して、裁判での争いとなったのです。

裁判所の判断は、競業避止自体は認められるが、36か月分の違約金は高すぎるとして、6か月分の違約金の支払いを命じるものでした。

関連リンク:株式会社いーふらん事件とは?気になる裁判の結果も解説

裁判から考えるフランチャイズ契約の注意点

株式会社いーふらん事件の裁判は、フランチャイズ契約におけるいくつかの注意点を浮き彫りにしました。

フランチャイズ加盟自体は簡単にできるものの、契約内容や契約終了後において留意すべきことがあるとわかります。ここからは、裁判から考えるフランチャイズ契約の注意点を解説します。

メリットだけでなく、注意点も知りミスマッチをなくして加盟を判断しましょう。

契約書の内容は数字単位で確認が必要

フランチャイズ契約で締結する契約書には、様々なきまりごとが記載されています。

  • 契約解除に伴う違約金
  • 本部に支払うロイヤリティ
  • システム使用に伴う料金

上記の金額については、流し読みでなく細かな数字の確認が必須です。具体的にどのような点を見ておけばいいのかは、以下を参考にして下さい。

数値面でみる違約金

民法の第420条3項では、違約金を次のように定めています。

「違約金は、賠償額の予定と推定する。」

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089

賠償額の予定とは、本部側と加盟店側であらかじめ定められた賠償額のこと。契約の途中解約をすると、この賠償額を違約金として支払うように定められている場合があります。

また契約解除だけでなく、元加盟店による契約終了後の競業避止に違反した場合に支払う違約金について、契約書で定められているケースもあります。

契約の際は、その条件と金額をしっかり確認し、納得できてからフランチャイズに加盟しましょう。

数値面で見るロイヤリティ

ロイヤリティは商標権の使用、経営ノウハウの伝授、本部による指導や援助、広告宣伝などに対する対価として定期的に支払うお金を指します。

これが本部の収入になります。フランチャイズ加盟をしたら、必ずロイヤリティを支払っていくことになりますが、その内容確認も非常に重要です。

どのような条件に対していくらのロイヤリティを毎月支払うことになるのか、しっかり見ておかなければいけません。特に得られる収益とロイヤリティのバランスをよく照合しておくことが大事です。

ロイヤリティが高く、収益が低いということでは商売が成り立ちませんから、将来の見込みがどうなるか契約時に本部側と十分に打ち合わせる必要があります。

数値面でみるシステム使用料

フランチャイズ契約では、本部が使用しているシステムを使うことになるので、システム使用料という料金も支払います。

システム使用料は「ロイヤリティに含まれている場合」と「別途請求される場合」の2つのパターンがあります。

また、本部と分担する場合と加盟店に全額請求する場合もあり、いずれにしろ金額と支払い条件は本部側が指定することが多いです。

ここでは、どのようなシステムに対していくら請求されるのか確認をし、納得済みでシステムの利用をするようにしましょう。

中途解約のペナルティ制度

フランチャイズ契約の契約書には中途解約に関する条項が掲載されています。この条項に基づいて、中途解約することを任意解約と称します。

条項がない場合は、本部側と加盟店側の協議の結果、中途解約になるか決定されます。いずれにしろ、中途解約ではペナルティが発生すると考えておきましょう。

競業避止義務の制度

競業避止とは、それまでに勤めていた会社と競業する会社への転職や、競業する企業の設立を禁止することです。フランチャイズ契約では、契約終了後に競業する事業を行うことを認めないケースも多くあります。

実際に株式会社いーふらん事件でも、この点が問題になりました。もしフランチャイズの契約書に競業避止の条項が載っていれば、守らなければいけません。

前述の事件では、元加盟店側が営業の自由を主張して、競業避止は受け入れられないとしましたが、認められませんでした。

参考までに競業避止については、経済産業省が指針を残しています。

参照:競業避止義務契約の有効性について

この指針も参考になりますが、契約書に明記されていてかつ同意をしている場合は、必ず守る必要があります。

おたからやがいい会社といえる理由

おたからやフランチャイズについては悪い評判といい評判がありますが、決して悪い会社ではありません。

むしろいい会社であるともいえますが、その理由をいくつか挙げてみましょう。

キャッシュフローで困らない

おたからやフランチャイズに加盟すれば、キャッシュフローに困らなくなります。というのも、物件取得費も安価で、買取資金も0円、研修費や看板・什器・備品代も抑えられているからです。

さらに買取った商品は専門業者で翌日換金も可能です。少ない運転資金で大きく儲けることもできますから、キャッシュフローもおのずとよくなります。

もう一点、ロイヤリティに関しては定額となっています。ということは、頑張れば頑張るほど収益がアップし、出ていくお金の割合が小さくなるということです。

困ったときに頼れるが査定サポートがある

買取業を行うときに、一番心配なのが正確な査定ができるかということ。商品の査定がしっかりできないと、お客様からも信用されなくなるし、お店の活動にも悪影響が及びます。

この点については、おたからやなら安心です。困ったときに頼れる査定サポートがあるからです。提示された商品の写真撮影をスマホで行い、何枚かを本部に送信するだけで、プロの査定員が査定してくれます。

リアルタイムで査定が行われ、金額が提示されるのがメリットです。査定に自信がない人でも心配する必要はありません。

ロイヤリティを考えても初月から黒字化が見込める魅力

おたからやのフランチャイズに関して一番気になるのが、いつから儲かるかということ。最初に資金を投資して、いつまでも儲からないと、赤字経営が続きやがては閉店ということになります。

そのようなケースもありますが、うまくいった場合は、投資回収期間は最短1か月です。初月から黒字化ということもあり得ます。そうなれば、その後の事業展開も楽になるでしょう。

フランチャイズ店経営ではロイヤリティ負担の問題はありますが、おたからやの場合、それを考えても、プラスになる可能性が高いです。

【結論】おたからやはフランチャイズ契約を結んだ方がいい会社

おたからやフランチャイズ被害者の会というものを目にすると、これからフランチャイズに入ろうか迷っている人は躊躇してしまうでしょう。

しかし、本文でも述べたようにおたからやフランチャイズにはいくつものメリットがあります。リスクなしというわけではありませんが、フランチャイズ加盟の注意点をよく覚えておけば、おたからやフランチャイズに加盟することは意義のあることです。

加盟を迷っている方はぜひ挑戦してみてください。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました